立教の職員が目指す職員像

1.教育機関に勤務するものとして自覚をもつとともに、建学の精神に関する理解に勤め、それらの姿勢・行動をとることができる職員
2.現状に満足せず、業務や組織のあり方を改善していくための創造的提案を行い、実行できる職員
3.目標達成に向けて、チームワークを重視することができる職員
4.幅広い視野と高い専門性を持った職員

本学院が、建学の精神に基づいたきわめて良質な研究教育を提供する機関として、社会的に認められた学校であり続けるためには、より高いレベルでの発展を目指していかなければなりません。その中で、職員の働き方や役割は、学校の経営・管理運営をはじめ、教育研究の支援や児童、生徒、学生の指導面においても多様で専門的な働き方が求められています。

立教で学ぶ児童、生徒、学生が、キリスト教に基づく人間教育の下、「テーマを持って真理を探求する力」「共に生きる力」を育めるように導いていくことも立教の職員として担う大きな使命の一つです。